車ランキング.com > 車買取ランキング.com > カーセブン

カーセブン

店舗イメージ 詳細情報
カーセブン 業者名 シェア 年間買取実績 受付
カーセブン 約5% 約2.7万台 24時間対応
出張査定料 買取対応エリア 手続き代行 事故車・不動車
無料 全国 無料 OK

カーセブンとは?

カーセブンは、タレントの小倉優子がイメージキャラクターを務めることで知られる、自動車業界のFC(フランチャイズ)ブランドです。カーセブンは、「中古車ダイレクト販売のFCチェーン」の展開を図っており、ユーザーから買い取った中古車を、カーセブングループ加盟店のネットワークを駆使することで、別のユーザーにダイレクトに再販するビジネスモデルを構築しています。

中古車オークション(卸売市場)や、グループ外の業者を間に挟まずに済むことから、中間マージンを省いた高値買取&格安販売につながることが期待できます。カーセブングループのキャッチコピーには、「クルマ売り買いおトク!」を掲げています。

カーセブンのルーツ

カーセブンは、首都圏にある自動車関連業者(6社)が1999年に共同で設立した日本自動車流通研究所がルーツです。設立のコンセプトは、自動車業界の活性化を目指す複数の業者が手を結ぶことにより、1社だけでは成し得ないことを、いわゆるスケールメリットを生かして実現することにあります。

実際、店頭展示車の共有在庫化を図ることによって、中古車オークション(AA)依存度の低減に努めているほか、インターネットを活用して、在庫情報を発信する仕組みを自前で構築することより、多額の広告宣伝費が掛かる中古車情報誌といったメディアへの依存度を下げる試みにも取り組んでいます。

カーセブンの特徴

カーセブンの加盟店は、全国88店舗に上っています。また、カーセブンのネットワークや独自の販売手法を活用できる「カーセブンパートナーズ」という提携協力企業も多数参画しています。中でも、特徴的なのが、カーセブングループに加盟している企業の業態です。

他の買取チェーンにおいては、買取部門を強化したい中古車販売店が、経営多角化の一環として加盟するケースが非常に多いのですが、カーセブンの場合は、加入企業に占める新車ディーラーの比率が何と8割を占めています。これは、ビジネスノウハウが新車と中古車では異なっており、新車ディーラーといえども中古車販売や買取の極意を習得したいという意思の表れだと言えます。

また、車買取について言えば、買い取った店舗内だけでの小売販売を行うのは、集客面や品ぞろえの面でとても非効率であり、グループ内の他店と共有在庫化を図るのが、より効率的です。しかし、共有在庫化には、車両の状態を他店からでも的確に把握できる必要があり、その実現にはいろいろな課題克服が伴います。

カーセブンでは、独自の査定基準およびタブレット端末を使用した査定システムを開発し、実戦導入したことにより、車両状態を適正かつ均質に把握できるようになっています。これにより、カーセブンの加盟店が買い取った中古車の、迅速かつ効率的な再販が可能となることからより高値で買い取れる可能性が高くなっているのです。

さらに、カーセブンでは、各種ポイントプログラムと提携しており、愛車を売却するとポイントがもらえるという点も、ライバルの買取店にはないメリットと言えるでしょう。