車ランキング.com > 車買取ランキング.com > ラビット

ラビット

店舗イメージ 詳細情報
ラビット 業者名 シェア 年間買取実績 受付
ラビット 約25% 約15万台 24時間対応
出張査定料 買取対応エリア 手続き代行 事故車・不動車
無料 全国 無料 OK

ラビットとは?

 ラビットは、ウサギのキャラクターと、「クルマ売るならラビット」のキャッチコピーでおなじみの、自動車買取チェーンです。自動車買取業界においては、最大手のガリバーに次ぐポジションにある大手ブランドです。

ラビットは、イメージキャラクターとして、無類の車好きで知られるタレントの所ジョージを起用したことで、一気に知名度をアップしました。2007年からは同じくタレントの石塚英彦がイメージキャラクターを務めており、親しみやすさが売りの買取ブランドとなっています。

ラビットのルーツ

ラビットは、中古車オークション(卸売市場)の分野で業界最大手を誇るオークション運営企業のユー・エス・エス(USS)が展開しています。USSは四半世紀を超す歴史を持ち、全国各地に中古車オークション会場を多数展開しています。

特に、中古車業界では知らぬ者のいないほどの圧倒的なシェア(流通台数に占める割合は約40%)を持っているほか、40%を超える利益率を持つ高収益体質の東証一部上場企業として、日本はもとより海外の投資家からも注目を集めている企業です。USSは、自社展開する中古車オークション会場と密接に連携するグループ店舗網として、1988年にラビットブランドによる店舗展開を全国で開始しました。

ラビットの特徴

ラビットの特徴として、車を売りたい人は、最寄りのラビット店に車を売り、車を買い取ったラビット店は、車をUSSオークションにスピーディーに出品することで、効率的な買取運用を実現しています。また、業界ナンバーワンの実力を持つUSSオークションで売却するという強みを生かした、高値での買取が期待できます。

ラビットの店舗は、一般の中古車業者が加盟するフランチャイズ方式を取り入れ、買取専門の形態のみならず、既存の中古車小売店や整備工場に併設する形態での店舗運営も柔軟に認めているのが特徴で、車を買いたい人が最寄りのラビット店に依頼すれば、店舗はUSSオークションから車を仕入れるというビジネススキームを想定しています。

また、ユーザーと買取業者が価格交渉し売買契約を結ぶ通常の買取方式とは別に、ラビットならではのサービスとして、「マイカーオークション」も展開しています。これは、ユーザーが売りたい中古車をラビット店経由でUSSオークションに出品する仕組みで、オークションで実際に売れた値段から、所定の手数料を差し引いてユーザーが売買代金を手にする方式です。

これにより、オークション落札価格並みとまではいかないものの、より高値での売却が期待できます。もちろん、マイカーオークション以外の通常の買取方法においても、USSという強力なバックボーンを持つ強みを生かし、卸売市場価格に連動した査定を実施していますので、高値での売却に期待が膨らみます。