車ランキング.com > スズキ・ワゴンR

スズキ・ワゴンR

スズキ・ワゴンR の車ランキングは現在、新車ランキング6位!軽自動車ランキング3位!です。

スズキ・ワゴンR 「ワゴンR」は、スズキが1993年から販売している、トール(背高)ワゴンタイプの軽自動車です。名実ともに、日本を代表するベストセラー車種となっており、現行のワゴンRは初代から数えると5代目にあたります。ワゴンRの登場によって、従来からの経済性一辺倒の軽自動車のジャンルに新風を吹き込み、高い質感や利便性を求めるユーザーの声を次々に反映し、上級の普通車に負けず劣らずの高い質感を誇る車種が登場するようになったと言えるでしょう。

ワゴンRは当初、右側1ドア+左側2ドアの変則ボディでデビューしましたが、その後は、両側2ドア車や、小型車登録のワイドボディー車の追加、シボレーと共同開発した派生車種の発売など、様々なバリエーションを展開してきました。

2012年9月に登場した現行のワゴンRは、通常の「ワゴンR」と、スポーティ路線の「ワゴンRスティングレー」の2車種に大別されます。いずれも、ライバルメーカーとの間で繰り広げられている安全装備や燃費改善などの開発競争が一段と激化していることから、短期間でのマイナーチェンジや、車種追加などのブラッシュアップ策を続々と打ち出しています。

特に燃費改善に関しては、2012年のフルモデルチェンジ時点のカタログ燃費が28.8km/L(2WD車・JC08モード)だったのに対し、2013年7月のマイナーチェンジでは30.0km/Lにアップしています。燃費改善のための取り組みとしては「アイドリングストップ」や、減速時に発電して補機バッテリーを充電する「エネチャージ」、冷気を蓄えてアイドリングストップ時に利用する「エコクール」を搭載しているほか、エンジンやCVT(無段階変速機)のさらなる改良によって、摩擦抵抗によるロスなどを低減し、30.0km/Lという超低燃費を達成しました。

また、ダイハツ「ムーヴ」などのライバル車や、スバル車を中心として、レーダーやステレオカメラを使い、低速走行時に前方車との追突を抑制するための自動ブレーキシステムへの支持が急速に高まっていることから、ワゴンRにおいても、「レーダーブレーキサポート」(追突被害軽減ブレーキ)を4万円(税抜)という低価格でオプション装着可能としています。

このほか、坂道での後退を防ぐ、「ヒルホールドコントロール」を全車に標準装備しているほか、スリップ防止装置(ESP)や誤発進抑制制御装置もオプションで用意するなど、従来から長年培ってきた快適性や質感だけでなく、安全面も充実させており、初心者ドライバーをはじめ、誰にでもお勧めできる定番車種と言えます。

ワゴンRのグレードは、上から順番に、「20周年記念車」「FXリミテッド」「FX」の3グレードが設定されています。いずれのグレードにおいても、2WDと4WDが選べるほか、FXのみ5速マニュアルミッションも選択できるようになっています。このうち、「20周年記念車」は、ディスチャージヘッドランプや15インチアルミ、シート表皮など内外装の特別ドレスアップ装備のほか、レーダーブレーキサポートなどの安全装備を標準装備した特別仕様車となっています。

新車販売価格は、157万5720円(20周年記念車・4WD・CVT・税込)~113万760円(FX・2WD・5MT・税込)です。一方、ワゴンRスティングレーは、ターボを搭載した「T」と、自然吸気エンジンの「X」の2グレード構成で、新車販売価格は、170万3160円(Tレーダーブレーキサポート装着車・4WD・CVT・税込)~138万2400円(X・2WD・CVT・税込)となっています。

スズキ・ワゴンR 燃費・ボディサイズ・価格 《スペック一覧》

レーダーチャート スペック
スズキ・ワゴンR 評価 メーカー スズキ 全長×全幅×全高 3395×1475×1640(mm)
JC08燃費 24.2~30.0km/L 室内長×室内幅×室内高 2165×1295×1265(mm)
最小回転半径 4.4m 新車価格 113万~150万円
乗車定員 4人 中古車相場価格 89万~129万円

スズキ・ワゴンRの中古車のススメ!

おすすめ理由 Topics
スズキ・ワゴンRの中古車相場価格は、89万~129万円です!
現在車を購入する人の約6割が中古車を選んでいます!新車の方も中古車の方も、一度はガリバー で中古車見積もりをとってみましょう!ガリバーは中古車販売実績全国NO1ですから、修理歴なし・返品サービス・最長10年保証など、新車並の安心保証がついてきます!

こちらの車種は新車ランキング6位!軽自動車ランキング3位!に掲載中です!