車ランキング.com > スズキ・スペーシア

スズキ・スペーシア

スズキ・スペーシアの車ランキングは現在、軽自動車ランキング8位!です。

スズキ・スペーシア スペーシアは、スズキが2013年3月に販売を開始した軽乗用車です。軽ワゴン車の市場規模は年々拡大しており、とりわけハイト(背高)ワゴンのニーズが高まってきています。この分野においては、ダイハツが販売するタントが高い人気を集める一方、スズキにおいても、ワゴンRをベースにキャビンを拡張し、両側スライドドアを設けたパレットを開発し販売しました。ただ、パレットは前後方向から見ると台形に絞ったキャビンデザインを採用しており、居住性や積載性に今一歩の感があったことから、スズキは、よりゆとりのある室内空間を実現する新型車の開発を進めました。それがスペーシアです。

スペーシアは、パレットのような台形キャビンではなく、ボックススタイルのキャビンを採用しており、ゆとりある室内空間が最大のセールスポイントです。ターゲットとするユーザーは小さな子供を持つ家族で、とりわけ女性の利用に主眼を置き、女性の意見を最大限に取り入れたパッケージングとなっています。フロントガラスをあまり寝かせずに立てたデザインとすることで前席頭上空間のゆとりを増したほか、面積を大きくした水平基調のサイドウィンドゥにより、安全運転の支障となる死角を減らしています。また、ボックススタイルのボディは、車幅感覚がつかみやすいことから、狭い道路の走行時や駐車時の不安軽減にも一役買っています。

エンジンには、VVT(可変バルブタイミング)機構付の給排気バルブを備える高性能DOHCエンジンのほか、よりパワフルなターボチャージャー搭載エンジンもラインナップしています。これらの高性能エンジンに、軽量かつコンパクトなCVT(無段階変速機)を組み合わせることで、活発かつ滑らかな走りを提供しています。また、減速時のエネルギーで発電機を回して、鉛バッテリーとリチウムイオンバッテリーに電力を蓄え、電装品のエネルギー源として活用することでガソリン消費量を抑える「エネチャージ」を搭載しているほか、減速時に13km/h以下で作動するアイドリングストップ機構、さらに、エアコンの冷気を蓄えることで、アイドリングストップ機構の作動中でも車内に冷風を送ることができる「エコクール」などの省燃費技術を存分に詰め込んでいます。これにより、クラストップレベルとなる29.0km/L(JC08モード値・GおよびXの2WD)の優れた燃費性能を発揮しているほか、全グレードが自動車取得税および自動車重量税の免税対象車となっています。

装備面では、前述した省エネ技術に加え、グレードによってはキーレスエントリー連動のパワースライドドアやプッシュエンジンスターターシステム、スマートフォン連携ナビゲーションの設定や、殺菌効果があるとされるカテキンフィルターを用いたオートエアコンの採用など、利便性や快適性も追求しています。また、女性ユーザーの声を反映し、収納スペースを多数設けたほか、ピンクやオレンジなど可愛らしい印象のボディカラーも設定しています。さらに、全グレードにおいて、自動ブレーキの一種であるレーダーブレーキサポートシステムを選択可能としています。

スペーシアのバリエーションは、ターボエンジン搭載車の「T」を頂点に、充実装備の「X」、値頃感のある「G」の3グレードを基本構成としています。また、全グレードにおいて2WD(FF)と4WDの選択が可能で、トランスミッションは全車CVTのみの設定となっています。新車価格は、162万2160円(T レーダーブレーキサポート装着車・4WD)~126万3600円(G・2WD・いずれも税込)となっています。

スズキ・スペーシア 燃費・ボディサイズ・価格 《スペック一覧》

レーダーチャート スペック
スズキ・スペーシア 評価 メーカー スズキ 全長×全幅×全高 3395×1475×1735(mm)
JC08燃費 26.0~29.0km/L 室内長×室内幅×室内高 2215×1320×1375(mm)
最小回転半径 4.4m 新車価格 126.3万~162.4万円
乗車定員 4人 中古車相場価格 89万~140万円

スズキ・スペーシアの中古車のススメ!

おすすめ理由 Topics
スズキ・スペーシアの中古車相場価格は、89万~140万円です!
現在車を購入する人の約6割が中古車を選んでいます!新車の方も中古車の方も、一度はガリバー で中古車見積もりをとってみましょう!ガリバーは中古車販売実績全国NO1ですから、修理歴なし・返品サービス・最長10年保証など、新車並の安心保証がついてきます!

こちらの車種は軽自動車ランキング8位!に掲載中です!