車ランキング.com > スズキ・アルトエコ

スズキ・アルトエコ

スズキ・アルトエコの車ランキングは現在、燃費ランキング7位!です。

スズキ・アルトエコ アルトエコは、スズキが2011年12月に販売を開始した軽乗用車です。アルトエコという車名は、もともと初代から数えて7代目となる現行のアルトにおいて、グレードバリエーションとして存在していたものですが、他メーカーとの低燃費技術競争が激化し、ユーザーの低燃費志向が一段と強まる状況下において、アルトエコへのニーズが相対的に上がってきたことから、2011年11月に既存のアルトから独立する形でアルトエコという車名を名乗るようになったという経緯があります。

2011年の発売当時のアルトエコは、停車直前にスピードが一定速度以下になるとアイドリングがストップする新機構の採用を始め、エンジンやCVT(無段階変速機)方式のトランスミッションなど動力伝達機構全体のフリクション(摩擦)ロスの低減、さらに電力消費による燃費悪化を軽減すべく、LED方式のストップランプや省電力タイプの燃料ポンプを採用するなどの改良を重ねた結果、最も燃費性能の良いモデルで30.2km/L(JC08モード値)を達成し、エコカー減税(75%)対象車に認定されました。その後も、スズキは技術開発を日々重ね、改良モデルを投入していきます。

特に、2013年3月のマイナーチェンジにおいては、減速時のエネルギーで発電した電力をバッテリーに蓄え、電装品の電力として活用する「エネチャージ」を新たに採用したほか、アイドリングストップ機構のブラッシュアップなどを実施し、燃費性能を33.0km/Lに向上させました。その結果、アルトエコは全車がエコカー減税によって自動車取得税や自動車重量税が免税となり、名実ともにエコカーとして最も有利な税制上の優遇措置を受けられるようになりました。その後も進化は留まるところを知らず、さらなるフリクションロス低減策の実施などの地道な改良を積み重ねることで、35.0km/Lの超低燃費を達成しています。

アルトエコは、優れた低燃費技術を搭載していることから、どうしても燃費向上技術の面に目が行きがちですし、従来のエコカーと言えば、装備を簡略化し軽量化することで、燃費改善を図るモデルも一部に見られ、「エコ=我慢」のような印象を持つユーザーもおられるかもしれません。しかし、アルトエコは、装備面も充実しています。現行のアルトエコは、従来のアルトから独立する形で誕生したという経緯を前述しましたが、独立する際に、アルトの上位グレードを吸収した形になります。そのため、アルトエコは、装備が充実した上位グレードと購入しやすい普及グレードとが共存しており、ユーザーのニーズに合わせて選択することが可能です。

アンサーバック機能の付いた電波式キーレスエントリーが全グレードに標準装備となっているのを始め、上位グレードの「ECO-S」にはプッシュ式のキーレスエンジンスターターをオプション装着することも可能です。なお、トランスミッションは、燃費効率と運転のしやすさを両立したCVTのみの展開となっています。新車価格は、107万3520円(ECO-S・4WD)~97万920円(ECO-L・2WD・いずれも税込)となっています。

スズキ・アルトエコ 燃費・ボディサイズ・価格 《スペック一覧》

レーダーチャート スペック
スズキ・アルトエコ 評価 メーカー スズキ 全長×全幅×全高 3395×1475×1530(mm)
JC08燃費 32.0~35.0km/L 室内長×室内幅×室内高 1835×1260×1240(mm)
最小回転半径 4.2m 新車価格 86.2万~107.3万円
乗車定員 4人 中古車相場価格 60万~95万円

スズキ・アルトエコの中古車のススメ!

おすすめ理由 Topics
スズキ・アルトエコの中古車相場価格は、60万~95万円です!
現在車を購入する人の約6割が中古車を選んでいます!新車の方も中古車の方も、一度はガリバー で中古車見積もりをとってみましょう!ガリバーは中古車販売実績全国NO1ですから、修理歴なし・返品サービス・最長10年保証など、新車並の安心保証がついてきます!

こちらの車種は燃費ランキング7位!に掲載中です!